とりとねこ

好きなもの:苦手なもの=3:1でお送りします

ろくなことにならない展開が見えているお話

 

22まで女やってそれなりに生きてると、街中で声かけられることもあるわけですよ。

私が初めて声かけられたのはガラケー持ってた高校の時で、急に声かけられて、しぶしぶメアド交換し、のちにストーカーになった経験があります。

この時学んだ。

 

自分がいいなって思った人と交換しないとろくなことにならない。

 

ただね、思うわけですよ。

世の中沢山の人がいて、自分のコミュニティをどれだけ広げても限界ってあるじゃないですか。

それを打破する方法がナンパですよね(?)

いいなって思った全然知らない人と連絡先交換して、つきあって、結婚してって人も世の中にはいるんじゃないかなって。

 

 

話は変わるんだけど、某ショップに行ったときに声をかけられました。

その時の私といえば諦めてた特典がまだ付いてたことに小躍りして(何が欲しかったのかは察してください)、2階で多分大学の時一緒だった人とすれ違って冷や汗をかき(なんでこんなところで会うんだって思ったけど、会わない確率って0じゃないよね、怖いね)、次買う物だけ予約していくかーとスマホいじってました。

 

人生で初めてラインやってますかって聞かれた。

やってるけどそういうのはちょっと……(どういうのだよw)と返すとこれまたお決まりの文句、来ましたよ。

 

彼氏、いる?

 

いねよーーーよーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!

20の時に別れてからそういうのねーからーーーーーーーー!!!!!!

うるせーーーーーーー!!!!!!

と、心の中で叫びながら言うわけです。

「います」

この時の私のむなしさったらないよね。

 

確かにね、いるよ、彼氏、次元の違う奴がね。

そいつはマトリやってて帰国子女で生活に無頓着だったり(ここから別人)湯屋の息子で絵を描くのがうまかったり(ここから別人)アイドルやっててステージを端から端まで走るのが好きだったりするんですけどね。おい、そんな目で見ないでくれよ。ほっといてくれ……。

 

この後私は彼氏に「ねー声かけられた笑」みたいなラインをするわけでもなく家に帰るわけですからね。せいぜいネットに「声かけられた笑」って書き込むくらいだよね。

ほっとけ。

まあここまではテンプレ通りか~なんてのんきに考えてたら、その次の反応。

 

「え~、ほんとに?」

 

 

ほんとに?

 

 

HONTONI!?

 

それどういう反応ですか!?

私みたいな不細工には彼氏いるはずがねえってことですか!?(多分違う)

失礼すぎませんか?

 

あまりにも、うわってなったので、すいません~っていいながら予約カウンターに逃げ込んで、ダッシュで店を出ました。めっちゃこわかった。

 

正直あんなところで声かけられるとは思わなかったけど、冷静になってメリット考えてみると意外とメリットあるんですよね。(シャンプのほうじゃない)

例えば同じ趣味の人と友達になれるとか、お互いの趣味に理解があるとか。

ただね、私は例え「自分も同じもの聞いてるっす!話が合うっす!」っていう異性が突然現れても「……」ってなるかな……。

出演するのを目指してます、とか、いつかそういうものを作りたい、で聞いてるならまだ分かるんだけど、一応この界隈、女性向け、だから一般男性からしたら普通ドン引くものだと思うんだよ。

何故おまえ、この界隈、来たんだ、ってなるかな……。難しいね。

ヲタクっていってもいろいろあるんだよ……。私はそっとしておいて欲しい……。

 

帰り道はそんなことを考えながら、落ち着かせるために買ったサイダーを飲んでました。ゆずれもんおいしい。

 

何の役にも立たないだろうけどナンパをこの界隈でありそうな話に変えてみると

いきなり声をかけてきた男性、実はシナリオライター

今度女性向けの物を書くのに、女性のリアルな感想を聞きたくて声をかけてきた。

何度かやり取りをするうちに2人の間には仕事以上の話が増え――

 

絶対ないわ。

 

あ、参考までに挙げておくと、今まで一番スマートだなって思ったのは

「お姉さん今1人?」

「と、友達待ってます」

「あ、ですよね~」

って去っていった人でした。

 

女子の皆さんは、くれぐれも気をつけてね。特に化粧ね。

忘れてたけどその日はすごい気合い入れて目元メイクしてました☆